かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

徳島ヴォルティスのストーブリーグ2021〜2022を完全に主観で展望

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain

 

徳島ヴォルティスの2021シーズン個人評価とストーブリーグ2021〜2022を完全に主観で展望していきます

 

 

【確定事項】

2022シーズンはJ2

吹ヶ、志龍がA契約移行(志龍は枠外なので影響なし)

→一人は放出確実

大卒GK,CB、高卒CMF,FWの加入

 

 

 

【監督】

・ダニエルポヤトス

☆退団可能性:10%

コロナの影響で合流が遅れた不運もあり、序盤は苦しむも徐々に内容は好転
采配よりも選手の質と思わされる試合のほうが多かった
クラブから切ることはまずないだろうし、セレモニーでも来季の意気込みを語っていたので続投はほぼ間違いないだろう

 

【GK】

田中の加入が確定しているので1人退団の可能性は高いが、今季スタートでは5人体制だっただけに確実とは言い切れない

上福元、長谷川徹、後東の残留は固い

年齢と2021年の競争を考えると退団の可能性が最も高いのは松澤か

 

・上福元直人

☆退団可能性:20%

初のJ1でイップスのような状態が続き長谷川にポジションを渡す期間もあったが、終盤は本来のパフォーマンスを取り戻した
J1なら足元の技術で同等以上の水準を持つワンランク上のGKが欲しいところだが、降格したことにより残留は固いか

 

・後東尚輝

☆退団可能性:10%

ルーキーイヤーで試合には絡めず
A契約枠外ということもあり出す理由のない選手

 

長谷川徹

☆退団可能性:10%

緊急出場への対応力やファンからの人気など、第2GKとしてはこの上ない存在。
現所属の中では最も放出する理由のない選手

 

・松澤香輝

☆退団可能性:80%

エリートリーグでのプレーを見る限りスタメン争いに割って入るのは厳しい印象
選手会長やムードメーカーであることなど、ピッチ外での貢献度は高いが年齢的にも放出の可能性は高い

 

 

【CB】

森の加入は確定

カカの動向

 

・カカ

☆退団可能性:70%

来日直後は順応に苦労していたが、家族来日後からパフォーマンスが向上
契約年数と移籍金を考えると引き抜けるクラブは多くないだろうが、J2でプレーするレベルの選手ではないし、本人が移籍を希望する可能性も高いと予想する

 

・福岡将太

☆退団可能性:10%

技術とスピードは屈指だがCB経験の少なさと守備技術が不安点となった
CBかSBかどちらで計算するか
放出はまずないと考えられる

 

石井秀典

☆退団可能性:10%

スタメンとして計算はできないがまだチームに必要な存在
放出はまずないだろう

 

・ドゥシャン

☆退団可能性:90%

本来は主軸になって欲しかった選手
期待度から考えると今季ワースト評価の選手
コストとパフォーマンスを考えると退団濃厚

 

・鈴木大誠

☆退団可能性:70%

大卒3年目で石井のポジションも奪えなかったとなると立場は危うい
森の加入もあり退団の可能性は高い

 

・内田航平

☆退団可能性:20%

怪我でシーズンを棒に振ったが、ラスト2戦で起用されたことを考えれば監督からはそれなりの評価をされている模様
徳島に来てから毎年怪我を繰り返してシーズン通して一度も過ごせていない点を考えると放出もゼロとは言い切れない

 

 

 

【RSB】

 

岸本を残すことができるか

残せたとしてもバックアッパーの獲得は急務

 

・岸本武流

☆退団可能性:80%

今季最もJ1で通用していたと言っても過言ではない存在
5得点2アシストという数字を見ても個人的な今シーズンのベストプレーヤー
が故にJ1からオファーが来る可能性は最も高い選手である
岸本が欲しい為に徳島の降格を願っていた強化担当もいたのでは

 

藤田征也

☆退団可能性:50%

昨シーズンのJ2アシストランク2位はJ1では結果を残せず
右足しか使えないため対策されると厳しく、J1では対策以前にクロスまで持ち込めないシーンが目立った
守備でも安定感は見せられなかった
年齢を考えると放出の可能性も十分ある

 

・川上エドオジョン智慧

☆退団可能性:70%

甲本コーチ指揮下で何試合か出場したものの、ポヤトス監督からの評価は得られず
本人のためにも出場機会が得られそうなチームへ行く方がいいのではないだろうか

 

 

【LSB】

人数は揃っている

J2なら補強は必要なし?

福岡はCBかLSBで考えるか

 

ジエゴ

☆退団可能性:20%

身体能力の高さは見られたが、攻撃で武器になるより守備での穴が目立った印象
オファーがあるなら母国だろうが残留は濃厚か

 

・田向泰輝

☆退団可能性:10%

安定したプレーを見せてくれたが毎年怪我で離脱しているのが懸念点
怪我がちという点で評価は下がるものの、来期もジエゴと二人体制が固いだろう

 

・吹ヶ徳喜

☆退団可能性:80%

甲本コーチのもとでは出場機会があったものの、ポヤトス監督からは全く信頼を得られず
エリートリーグを見ても明確な武器のあるジエゴと安定した田向の争いに割って入るのは厳しく感じた。
本人のためにも出場できるクラブを探すのが賢明
レンタルで放出が固い

 

 

 

【CMF】

選手層は厚い
藤田譲瑠チマの動向

 

・岩尾憲

☆退団可能性:30%

J1でも関係なく圧倒的なパフォーマンスとリーダーシップを見せてくれた
安易なステップアップを選択するタイプではないが、J2でやり残したことは全くないと言っても過言ではなく、優勝を狙えるレベルのクラブからオファーがあれば移籍に傾く可能性は大いにあり得る
本人のモチベーション次第では引退やクリアソンルートもなくはないだろう

 

・鈴木徳真

☆退団可能性:30%

ポヤトス合流後に出場を増やし、監督のスタイルに上手くはまった印象
上昇志向が強いイメージもあり、J1からオファーが来れば移籍を選択する可能性は高いが、今季の結果でオファーが来るかは微妙なところ

 

・藤田譲瑠チマ

☆退団可能性:80%

終盤戦433に変更後出場機会を伸ばし、運動量とデュエルで存在感を示した
加入1年目ということもあり、移籍にはそれなりの金額がかかると思われるが欲しいJ1クラブはあるだろう
またJ2でプレーするのはキャリアを考えても良いとは言えず、海外移籍や、海外移籍した際の移籍金を一部分配する契約込みで国内J1移籍などの可能性は高いと考える
残留しても夏の海外移籍はかなり現実的だろう

 

・小西雄大

☆退団可能性:10%

ポヤトス監督の好みとしてボランチには当てはまらなかったが、途中から流れを変える役割としては存在感を放った
遅かれ速かれ移籍すると思われるジョエルのことを考えると徳島フロントは手放さないだろう

 

・渡井理己

☆退団可能性:50%

J1の球際にかなり苦しんだかつポヤトス監督のサッカーの中でポジションを失った印象
今季のプレーでオファーするJ1クラブはあまりないかもしれないが、あるとすればリカルドが浦和に呼び寄せるパターンだろう

 

・大森博

☆退団可能性:80%

中盤の層の厚さから試合には絡めなかったがエリートリーグでは好プレーで個人的には印象のいい選手
徳島の例年を考えるとレンタル移籍の可能性が高い

 

 

【RWG】

宮代のレンタルバックは既定路線
J2を戦うなら戦力は充実

 

・宮代大聖

☆退団可能性:90%

間違いなくポヤトス監督が最も信頼しているアタッカーであり、数字を見ても活躍は明らか
川崎への帰還は既定路線だろうし、そうでなくてもJ1クラブでほしいチームは多いはず
移籍はほぼ間違いないと言ってもいい

 

・浜下瑛

☆退団可能性:30%

夏ごろに出場機会を伸ばしたものの目立った結果は残せず
ポジションを奪ったタイミングで怪我をしたのは不運だった
競争もあり出場数が伸びないのを本人がどう考えるか
出場機会を求めて移籍を希望する可能性もなくはない

 

杉森考起

☆退団可能性:20%

テクニックはJ1でも通用するもののゴール前で数字に関わるプレーは全くできず
浜下と同じく出場機会を考慮して移籍を希望する可能性もあるが、完全移籍1年目ということもあり残留は固いだろう

 

 

 

【LWG】

・西谷和希

☆退団可能性:70%

怪我から復調した夏以降は昨年のプレーを取り戻しチームの中心的な存在に
昨年オフにもJ1からオファーが来ていてたこともあり、再びJ1からオファーがくる可能性も高く、年齢的にも再びJ2に戻る理由はない
移籍の可能性はそうとう高いと見ていい

 

・藤原志龍

☆退団可能性:30%

甲本コーチ下では出場機会を得られていたもののポヤトス監督合流後は西谷の復帰もあり出場機会が激減
チームが残留できていればレンタルで放出濃厚かと思っていたが、西谷の動向も関係してくるが残留の可能性は高そう
個人的には一度出られる可能性の高いクラブで1年間プレーしてみるのもアリだと思っている

 

 

【CF】

 

垣田の移籍は不可避

・垣田裕暉

☆退団可能性:90%

パワーと走力はJ1でも通用することを示した
鹿島帰還が既定路線だが、昨年オフも清水が獲得に乗り出したことを考えても、徳島残留はまずないと言える

 

・ムシャガバケンガ

☆退団可能性:10%
途中加入でJリーグに馴染むのに苦労した印象
1ゴールという結果からもJ1クラブに引き抜かれることはないだろう
本人も日本を非常に気に入っており、契約も1年残っているため残留は間違いないと言える

 

・一美和成

☆退団可能性:20%

途中加入で2ゴールという結果に終わった
1トップに変更され垣田がスタメンで使われたため途中出場が多くなった
契約も残っておりJ1からオファーがあるかは微妙
可能性があるとすれば古巣の京都くらいか

 

佐藤晃大

☆退団可能性:70%

ターゲットとプレッシング、セットプレーの守備要因と、勝っているときのクローザー的な役割としては優秀だが、得点を取るという部分ではJ1で何も残せなかった
生え抜きで人格者とサポーター人気も高い選手ではあるが、成績的にはそろそろ契約満了となってもおかしくはない

 

・西野太陽

☆退団可能性:20%

今季のルーキーでは最も出場機会を得た
ポヤトス監督からも期待されているように感じるし、ポスト宮代として期待がかかる
レンタルで放出の可能性もゼロではないが、残留が固いと思われる

 

 

 

【レンタル組の動向】

・瀬口拓弥

☆バック可能性:10%

新潟で第4GKの立ち位置
そのまま完全移籍か満了が濃厚だろう

 

梶川諒太

☆バック可能性:10%

東京ヴェルディで主力として活躍
このまま東京ヴェルディへ完全移籍が既定路線

 

・安部崇士

☆バック可能性:60%

ファジアーノ岡山で中心的な存在に
J1に残留していればもう1年岡山で修行でもよかったが、ライバルの戦力を削る意味でも戻すのではないか
実績的にはレンタルバックするに十分
もう1年岡山でプレーしたいと本人の意向があればわからない

 

・武田太一

☆バック可能性:10%

昨年に続き怪我に苦しむ
長野でもあまり出られず無得点
今オフに帰って来る可能性は極めて低い

 

・奥田雄大

☆バック可能性:10%

いわきFCJFL優勝に貢献
来季J3に昇格ということもありレンタル継続が固い

 

・坪井清志郎

☆バック可能性:50%

シンガポールリーグで13試合15得点と圧倒的な活躍
J1に残留できていればもうワンステップ踏ませるために国内クラブにレンタルの可能性もあったが、来季J2であることを考えると戻しても面白い存在
佐藤が退団ならその役割を担える

 

・久米航太郎

☆バック可能性:10%

ヴェルスパ大分では主にターンオーバー要因
昨年より出場数は増やしたが戻ってきてもポジション争いは厳しいだろう

 

・森田凛

☆バック可能性:10%

奈良クラブでコンスタントに出場
出た試合ではポゼッションの中心的役割でJFLレベルでは十分やれることを示した
中盤の層的に戻しても出られる可能性は低いが、来季はJ3あたりで観てみたい

 

・鈴木輪太朗イブラヒーム

☆バック可能性:10%

バレンシアで修行中
長期のレンタル契約もあり戻ってくることはまずない

 

【結論】

主力の慰留を最優先に、退団の可能性が高い垣田、宮代、岸本、西谷の穴をどう埋めるかを考えなくてはいけない

 

補強優先順位としてはRSBが急務で、安部と坪井のレンタルバック、後は流出の様子を見ながらという感じになるだろう