かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J2順位予想2021


f:id:giovanni_acrux:20210219203550j:image

J2順位予想

今回はJ2編です。

徳島ヴォルティスはJ1に上がったものの、リーグとしての楽しさはJ2に分があるので、今年もJ2は注視していきたいと思います。

 

(J1編はこちら)

 

それでは順位予想です↓

 

 

順位予想

  1. アルビレックス新潟
  2. ジュビロ磐田
  3. V・ファーレン長崎
  4. ツエーゲン金沢
  5. ヴァンフォーレ甲府
  6. 東京ヴェルディ
  7. 大宮アルディージャ
  8. モンテディオ山形
  9. FC町田ゼルビア
  10. 松本山雅
  11. 京都サンガF.C.
  12. ファジアーノ岡山
  13. ジェフユナイテッド千葉
  14. レノファ山口FC
  15. 栃木SC
  16. ブラウブリッツ秋田
  17. FC琉球
  18. 水戸ホーリーホック
  19. ギラヴァンツ北九州
  20. ザスパクサツ群馬
  21. 愛媛FC
  22. SC相模原

 

 

解説

優勝はアルビレックス新潟

昨シーズンからの継続性があり、サッカーの内容と選手の質が最も伴っているといえるのではないだろうか。

本間至恩の残留と高や千葉など各ポジションに的確補強。

FWが得点を積めるかが鍵か。

 

もう一つの昇格クラブはジュビロ磐田

リーグのなかで選手の質は抜きん出た存在といえ、戦術的なJ2リーグであっても個の能力を活かすサッカーで十分勝ち抜ける戦力を揃えた。

 

3位はV・ファーレン長崎

昨年の主力をほとんどキープし、昇格候補筆頭ではあるが新監督が未知数というところでこの順位。

 

ダークホースに挙げたいのがツエーゲン金沢

昨シーズンの金沢を支えた加藤とルカオが抜けたものの、瀬沼や丹羽などの補強でカバー。

何よりもCBに庄司が帰ってきたことが大きい。

 

6位は東京ヴェルディ

昨年序盤は苦しんだものの後半戦はリーグを掻き回す存在に。

継続性を持ってして順位UPが期待できるチーム。

 

新監督を迎えた大宮アルディージャは7位。

昨年からサッカーの内容が変化することが予想されるが選手はあまり入れ替わってないので、今年ベースを作れれば来年は昇格候補筆頭になるのではないかと予想。

 

昨シーズンから大きく順位を上げると予想するのは町田ゼルビア

各ポジションに強力な選手を補強し本気度が伺える。

このメンバーをどう1つのチームにしていくか注目。

 

曺貴裁新監督を迎えた京都サンガは11位。

監督のサッカーに選手がどれだけ適合できるかが鍵となってきそうだが、過密日程で苦しむのではないかと考える。

 

昨年最下位のレノファ山口は14位に予想。

渡邊新監督の元、新たなベース作りの1年となる。

島屋、草野、渡部など補強も充実しており順位UPは間違いないといえる。

 

降格はギラヴァンツ北九州ザスパクサツ群馬愛媛FCSC相模原と予想したが、8チームくらい巻き込んだ厳しい残留争いになるのではないかと予想。

 

18位はザスパクサツ群馬

昨シーズン後半戦素晴らしい戦いを魅せた群馬。

選手の入れ替わりも少なくランクアップも期待できるチームだが、岡村、飯野の穴、選手層などを考慮してこの順位。

 

昨年躍進したギラヴァンツ北九州は19位にランクダウン。

主力がほとんど流出し、新たな選手も加わったが昨年のように上手く噛み合うかは未知数。

新たなチーム構築が毎年上手くいくとは限らず、降格争いの予感。

 

秋本や内田など実績ある選手が戻ってきた愛媛FCであるが、監督の手腕は未知数。

得点力で苦しむのではないかと予想。

 

昇格組のSC相模原は船木や鎌田など良い補強はしたが、昨年の得失点なども考えるとJ2では厳しい戦いが予想される。

 

 

 

まとめ

J1からの降格チームがいない今年は例年以上に拮抗し混沌とする予感。

新監督や外国人の当たり外れなど、未知な部分も多く予想は困難だと言える。

夏に降格4チームのJ1から緊急補強が相次ぐ可能性もあり、1年通して難しいシーズンになりそうである。