かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J1 第14節 サンフレッチェ広島戦

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain

ポヤトス監督合流後リーグ戦4連敗と苦しむ徳島ヴォルティス。11連戦が明け、仕切り直して勝利を掴み取りたいサンフレッチェ広島とのアウェイゲームを振り返る。

 

J1 第14節 サンフレッチェ広島

 

結果

サンフレッチェ広島 0-1 徳島ヴォルティス

63' 岸本武流 

f:id:giovanni_acrux:20210515194436p:plain

前節から2人変更し、左に杉森、CBに福岡がスタメン。
ベンチには河田、小西、藤田が入った。

 

前半

徳島はバトッキオを右、宮代をトップ下に配置。
中央にストライカーを置き得点力を上げたい狙いを感じる。
さらにバトッキオを右に置くことで岸本を上がりやすくしたいというのもあるだろう。

2CBとジエゴの3枚+2ボランチの形でビルドアップが基本型で、全線4枚でプレスに来る広島に対し岸本が低い位置を取ったり、ボランチが1つ落ちる場面も見られた。

徳島のプレスはボランチとGKへのパスコースを切りながら、前進を阻止するというより相手に最終ラインで回させないような形を取っていた。

一方の広島は、狭いエリアでフリックなど短いパス交換から突破や、サイドバックの裏を狙う長いボールが多く見られた。

恐らく徳島は相手FW(浅野&JS)のスピード対策としてドゥシャンではなく岸本カカ福岡ジエゴというスピードのある選手を最終ラインに並べたのではないだろうか。

 

後半

徳島はCBのカカと福岡の位置を変える。
これは恐らく試合展開によるものではなく、どちらが良いのか見るために試合前から決めていたことではないかと思う。

後半早めに運動量が落ちてきたバトッキオと小西を交代。
渡井ではなく小西を右SHで起用したのは、バトッキオと同じで岸本のサポートと後方から長いボールを蹴れるというのが理由だろう。

先制点はその交代直後に生まれた。
小西と岸本で相手を挟み奪取しカウンター。
岸本は前線の垣田へ渡した後そのまま駆け上がるり数的優位な状況。
垣田は対面のDFに対し内側へドリブルを仕掛け、DFの体の向きが反転した瞬間岸本へパス。
そのまま岸本は持ち込みゴールを決め、完璧なカウンターを成功させた。

先制後は福岡とドゥシャンを交代。
守備固めならジエゴを交代して福岡を右に出すというのを想像していたが、シンプルに同じポジションどうしの交代。
守備面における信頼度は福岡よりドゥシャンのほうが高そうだが、ドゥシャンは右しか出来ないので、カカを右で使いたいなら福岡をチョイスする必要がある。
この辺りは今後監督がどう評価するか今後も見ていきたい。

杉森と藤田を交代し5バックへ変更。
垣田ではなく宮代と河田を交代し高さを残しつつプレスを強化する采配。

その後はポストに助けられる場面などもあり、徳島が逃げ切ったといえる展開で試合終了。

 

雑感

この試合のMOMを1人挙げるなら鈴木徳真だろう。
幾度となくボールを奪取し、圧倒的なカバー範囲とプレーの正確性で中盤を支配し続けた。ポヤトス監督になってから使われ続けているが、それも納得の出来であった。
加入当初は立ち位置とゲームコントロールの判断に課題があったが、今やその影はなく、J1のスピードに慣れるごとにプレーは上向いている。

昨年まで中間ポジションで使われていた杉森は、ポヤトス体制では左の大外レーンでの起用となっている。
渡井の出場機会が減っている理由でもあるが、ポヤトス監督は中央の選手にキック力のある選手を置きたいのではないかと感じている(宮代バトッキオ小西など)。
その影響で杉森は突破力と運動量を買われてサイドに置かれていると推測するが、西谷や志龍もおり、ここもポヤトス監督はまだ試しながら決めきれないポジションなのだろう。

勝利はしたもののシュートは5本とまだまだ攻撃面での課題は多いと感じる。
カウンターで得点には成功したが、押し込んだ時の崩しにはまだまだ出来ていない印象が強い。
再三与えたセットプレーから失点しなかったこと、守りきれたことは今後に繋がる好材料だろう。

 

次節へ向けて

連敗を4で止め、ポヤトス監督指揮下で初勝利を挙げた徳島ヴォルティス

次節は1週間後、ホームで名古屋グランパスと対戦する。上位相手に厳しい試合が予想されるが連勝目指し勝利を掴みたいところ。
山﨑や柿谷との対戦も楽しみである。

その前に、次の試合は水曜日ホームでルヴァンカップの最終節、ヴィッセル神戸と試合がある。
勝てばグループステージ突破の可能性も大きいだけに是非とも勝利したい。