かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J1 第34節 セレッソ大阪戦 雑感

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain



前節、大分との6ポイントマッチに引き分け降格圏に落ちた徳島ヴォルティス

今節はホームにセレッソ大阪を迎える。

 

前節大分戦↓

 

前回のセレッソ戦↓

 

 

 

結果

徳島ヴォルティス 0-1 セレッソ大阪

11' 加藤陸次樹

 

f:id:giovanni_acrux:20211103164834p:plain

 

前半

前節から石井、ドゥシャン、浜下、藤原志龍がメンバー外。福岡がスタメン、小西、田向、佐藤がベンチ入りとなった。

 

立ち上がり、セレッソのプレスに苦しみ押し込まれる時間が続く。
その時間帯にCKから早々に失点を許す。

セレッソはボールを奪ったらまずジエゴの裏のスペース狙いを徹底し、徳島のウィークをしっかり分析した戦い方をしてきた。

徳島はここ数試合と同じ形で、攻撃時は岩尾をアンカーに置き、ジョエルと宮代がインサイドハーフ
442の相手に対し2CB+岩尾で相手2トップを剥がし、揺さぶって空いたSBかインサイドハーフにボールを付ける狙い。
相手がそこを消してきたら空いたスペースに長いボールを送りFWが収める。

前半は垣田とバケンガに1度ずつチャンスシーンを作り出すことに成功したもののどちらも決めきれず。

 

 

 

後半

ハーフタイムに岩尾を下げ鈴木徳真を投入。

 

ボールは握れるものの、楔のパスが噛み合わずチャンスを作れない展開が続く。

 

次に垣田を下げて小西を投入。宮代を最前線にし、小西が宮代のいた位置に入る。
小西は何度かドリブルで運び縦に入れるチャレンジを見せるも、ここでも受けてが上手く収められずチャンスを作るには至らない。

次はバケンガとジョエルを下げて佐藤と杉森を投入。
小西と徳真の2ボランチ、杉森が右サイドとなる。

 

長いボールから裏に抜け出すなどのシーンはあったが、後半は相手のビルドアップを奪ったシーンの1回以外に最後までチャンスらしいチャンスを作れず試合終了。

 

 

雑感

メンバー選考を見ると、徳島は先制して逃げ切りたい、セレッソは前半走力で後半は個の質勝負というプランを感じる。

徳島としては序盤での失点はとにかく避けなければいけなかったなかでセットプレーから失点し、苦しい試合展開となってしまった。

 

ベンチの仕事はこの試合でも気になるところはなく、しっかり準備し、プランを持って試合に挑めていると感じる。

 

石井や一美、渡井など離脱者が多いなか、この試合でも岩尾がアクシデントで交代。

前半で2本決定的な場面を作り、失点もセットプレーのみと、決して負けるような試合ではなかっただけにチーム状況がよりこの状況を難しくしてしまっているのは不運としか言えない。

しかし、今いる選手が監督のプランを実行し、決めなければいけないところで決めきることができないと勝ち点を積み上げることはできない。

 

次節に向けて

次節は中2日、アウェイでヴィッセル神戸と戦う。

上位相手で難しい試合になることは間違いないが、残留に向けてもう負けは許されない。

 

前回の神戸戦↓