かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

ルヴァンカップ第2節 大分トリニータ戦 雑感

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain

J1ホーム初勝利から1週間、その勢いを持ってJリーグカップ初勝利を目指す徳島ヴォルティスルヴァンカップ第2節を振り返ります。

 

 

ルヴァンカップ第2節 大分トリニータ

結果

徳島ヴォルティス 0-1 大分トリニータ 大分
5' 長沢駿

 

f:id:giovanni_acrux:20210327160953p:plain

 

前半

代表ウィークで1週間試合間があるとはいえカップ戦ということで主力の一部を温存したメンバー構成の徳島。

 

開始早々に失点シーン
黒崎のクロスを長沢が合わせて大分先制
風で大きく曲がったクロスボールを安部が見誤りクリアミスから失点。
この試合大誠と安部、共に風の影響を受けたクロスボールに混乱しすぎである。
失点には至らなかったがもう1本同じようなシーンがあった。

 

ボールを持ちたいチームどうし、お互い保持に対しプレスという展開で両チームとも大きな見せ場を作り出せずシュートも少ない、いわゆる塩試合な展開。

 

徳島は左サイドから打開を試みる
志龍と怪我から復帰した田向が良い距離感でプレー。
田向が良いポジショニングで志龍をサポートするので、志龍のドリブルが効き、大分の黒崎はほとんどファールでしか止められない状態であった。

 

右サイドは浜下と藤田のコンビだったが、こちらはあまり上手くいかない印象。
浜下はバランスを見てプレーが出来るため岸本やジエゴのような多少強引にプレーするタイプと組ませるとリンクマンとしての良さが発揮されるのだが、故に藤田とのコンビは物足りなく淡白さだけが残る結果に。

 

前半36分、徳島は河田にかえて宮代を投入。
負傷があったのかは不明だが、個人的には受け手を作りたいが

 

後半

大分の片野坂監督はHTから前半散々やられた黒崎にかえて井上を投入。
流石にこの辺りは的確に修正してくる。

 

 

後半も両チームとも保持しながら長いボールも織り交ぜ打開しようと試みるも目立ったチャンスは作れない展開

 

試合が動き出したのは徳島が田向にかえてジエゴを投入したところから。
ジエゴがシンプルなクロスやロングスローを放り込むことでゴール前でのシーンが増える。
左に移った浜下とのコンビも良い。
しかし高さで劣る徳島は得点に結びつけることが出来ず試合終了。

 

雑感

またしても序盤にミスから失点し、そのまま敗れるという展開になった。

 

この試合、徳島のサッカーにおけるCBの重要性が攻守とも如実に表れたと言えるのではないでしょうか。

まず守備面において、大誠と安部はここまで数試合出場を重ねてきたが、シンプルに実力不足というのは認めざるを得ないところ。

失点に繋がったクロス対応しかり、前線がプレスをかけて蹴らせたボールを跳ね返す力、縦パスに対しFWを潰しきる部分など、どれをとってもまだJ1レベルとは言えない。
現時点で二人とも石井からポジションを奪うプレーは見せられていない
カップ戦なので経験を積ませるのには良い場であるが、カカの入国目途が見えてきた現状でポジション争いは厳しくなってくる。
即戦力が求められる大卒選手において待ってくれる時間はそう長くはない。

攻撃面では、安部がロングフィードを通したり、大誠も縦パスを狙うなどチャレンジは見られるがまだまだ改善すべき部分が多い
特に持ち上がりに関して、運ぶのは良いが運んだあとに困り結局ボランチに任せて終わることが多い
それでは相手は困らないので持ち上がった意味があまりない。
最終ラインで回すにしても、ここで相手を引き付け前線の選手に時間を作る必要があるが、単に逃げるパスが多い。
この試合は特に攻撃シーンを作れなかった要因をDFラインのビルドアップに感じる場面が多かった

 

カップ戦2連敗となり予選突破はいきなり背水の陣といえる展開となってしまった。
あくまで徳島ヴォルティスの目標はJ1残留なのでフルメンバーでもなく、
内容的にはチャンスを作れるシーンもあり、失点もミスからの1点のみ、ピンチも多くなかったのでそこまで落ち込む試合ではないが、
佐藤や藤田のベテラン勢は起用されるもあまりピッチ上で違いは作り出せず。
ファン心理として、それなら西野や大森などルーキーのプレーが見たいと思ってしまうところである

 

次節に向けて

ルヴァンカップ次節は4/21(水)のヴィッセル神戸戦。
この試合に勝てないと予選突破はほぼ消滅といってもいいでしょう。
次はミッドウィーク開催ということもあり完全ターンオーバーも予想されるが、2大会連続で未勝利は避けたいので勝利を願うばかりである。

 

その前に次の試合は来週末のJ1第7節清水エスパルス戦。
公式戦連勝とはいかなかったものの、カップ戦で主力を温存した分J1で初の連勝を手にしたいところ。