かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

ルヴァンカップ 第3節 ヴィッセル神戸戦 雑感

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain

リーグ戦から中2日で迎えたルヴァンカップ
厳しい日程のなかJリーグカップ初勝利を目指したヴィッセル神戸戦を振り返る。

 

ルヴァンカップ第3節 ヴィッセル神戸

結果

ヴィッセル神戸 0-1 徳島ヴォルティス

30' 河田篤秀

f:id:giovanni_acrux:20210421212205p:plain

 

前半

メンバー発表の段階では433も予想できたが、
ジョエルと徳真の2ボランチ、小西のトップ下で4231の基本形。
攻撃時ビルドアップではボランチどちらかがアンカーとなり、もう一人のボランチと小西で中盤逆三角形をつくり433のような形を取る。
守備時は小西が前に出て442となる。

主に起点となったのは左サイド。
吹ヶが下がり目に位置取り、西谷が足元や裏で受ける。
ボランチは最終ラインに落ちず、後ろ3枚で西谷と藤田が大外のレーン。その中間でボランチ2枚と小西浜下が上手くスペースを見つけて受ける形。

変化が見られたのは河田の役割だろう。
これまでは比較的中央に固定されていたことが多い河田だったが、この試合ではサイドに流れて受ける場面が多く見られた。
河田は新潟時代こういったプレーが多く、本来得意なスタイルなこともあり、
この試合ビルドアップの出口として非常に良い働きをしていた。

先制点はショートカウンターから。
今季よく見られる2トップとサイドハーフで追い込み、
中央にパスが出たところでボランチが刈る形でジョエルが奪取。
走り込んだ小西がワンタッチで中央の河田へ。
そのボールを河田がダイレクトで決めきりゴール。
河田の今季初ゴールで徳島が先制。

 

後半

神戸が圧力を強めてきたため保持できる時間は徐々に短くなっていく。

特に神戸が4枚交代してからは押し込まれる時間帯が続く。
しかしそこは今季初出場となったドゥシャンが立ちはだかる。
ドゥシャンは久々の公式戦で足がつる場面もあったが、ロングボールやクロスの跳ね返し、インターセプト、裏のカバーなど全てで高いパフォーマンスを見せてくれた。
J1という舞台でこれほどCBとして安心感のあるプレーは今季ここまで見られなかったので、ビルドアップが重視されるチームとはいえ、CBの守備力の重要さを実感させてくれる。

後半は結局シュート1本で防戦が続いたが、リーグ戦と同じ轍は踏まず逃げ切り、Jリーグカップ初勝利を手にした。

 

雑感

前の試合で復帰し今季初先発となった西谷和希は昨年見せていたような素晴らしいパフォーマンスだった。
90分間プレスや上下動を惜しまず、ドリブルで陣地を回復し、局面では良い仕掛けを見せ、ライン裏へのフリーランを何度も繰り返した。
もうスタメンで出られるコンディションと言えるプレーぶりであった。

トップ下で初出場した小西雄大は元々FWだったこともあり難なく役割をこなしていた。
アシストはもちろんだがプレスやビルドアップのヘルプでも良いプレーを見せていた。
ボランチの2人がこの試合でもカバー範囲の広さやボール奪取で圧巻のパフォーマンスを見せていただけにこのポジションでもアピール出来ると個人としてもチームとしても選択肢は広がる

そしてデビュー戦となったクリスティアン・バトッキオ
ボランチでの出場となったが、この試合はあまりゲームに入れなかったという印象。
しかし飛び出していく選手に対し着いていく部分やカバーリングなど細かい部分は気が利くし、見えている範囲を含めパスのレンジの広さなど能力を感じることは出来た。
Jリーグのスピード感を体感でき、いい試運転となったのではないだろうか。

ドゥシャンや西谷、田向、バトッキオなどの出場機会を確保でき、渡井を温存して勝ち点3も取ることが出来て大変有意義な試合となった。
ルーキーがメンバー入りしなかったことは残念だったが、それだけ争いの激しいチームであることも納得できた。

 

次節へ向けて

ルヴァンカップ次節は1週間後ホームでFC東京と対戦する。
1勝を挙げたことで3チームが勝ち点3で並び、予選突破の可能性も見えてきたが、
あくまで残留が目標のチームとしては次節もターンオーバーや実験の場となるだろう。

次の試合は中2日でJリーグ柏レイソル戦。
ルヴァンカップで良いパフォーマンスを見せた選手も多く、監督としてはメンバー選考に悩むことだろう。
順位が下の相手だけに勝っておきたい相手といえる。

ポヤトス監督も合流後初勝利となり多少は安堵でき余裕も生まれたことだろう。この勢いのまま勝利を重ねていきたい。