かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J1順位予想2021


f:id:giovanni_acrux:20210219203617j:image

J1順位予想

やって参りました、毎年多くの有識者やファンが挑んでは散っていく企画、Jリーグ順位予想

 

これまではなんとなく予想はしてましたが、はっきりと順位を出していた訳ではなかったので、

今年はせっかくブログも始めたので順位予想をしてみたいと思います。

 

(J2編はこちら)

 

今回はJ1編です。

 

 

 

それでは、予想順位がこちら↓

 

 

予想順位

  1. 鹿島アントラーズ
  2. 川崎フロンターレ
  3. 横浜F・マリノス
  4. FC東京
  5. 名古屋グランパス
  6. 清水エスパルス
  7. 浦和レッズ
  8. ガンバ大阪
  9. 徳島ヴォルティス
  10. 柏レイソル
  11. サンフレッチェ広島
  12. 北海道コンサドーレ札幌
  13. 大分トリニータ
  14. ヴィッセル神戸
  15. セレッソ大阪
  16. アビスパ福岡
  17. サガン鳥栖
  18. 横浜FC
  19. ベガルタ仙台
  20. 湘南ベルマーレ

 

 

解説

優勝は鹿島アントラーズです。 

理由は昨年からの継続積み上げ、ACLがないこと。

昨シーズンは序盤苦しんだものの、後半戦巻き返し、あの戦いを序盤から出来ると考えての優勝予想です。

 

 

昨年王者の川崎フロンターレは2位。

昨シーズン圧倒的な強さで優勝した川崎。

守田が抜けた穴はシミッチで埋めたものの、他クラブからの対策とACLを考えて2位予想。

まあ対策しても止められないのが昨年の川崎だったので連覇の可能性も高いとは思います。

 

 

3位は横浜F・マリノスです。

外国人が入れ替わって未知数なところはありますが、ACLもなく自力の強さで今年は上位に返り咲くと予想。

課題の守備面では岩田の補強は大きい。

 

 

ダークホースはロティーナ就任の清水エスパルス

まずロティーナで大転けするイメージが湧かない。

ディサロや鈴木、中山など的確補強も評価高。

新外国人のフィット次第ではさらに上位も。

 

 

リカルドが就任した浦和レッズは7位。

徳島での初年度と同じ順位にしてみました。

上手くいけば躍進、序盤で躓けば途中解任なんかもあり得るかなと思いますが、今年この順位でフィニッシュ出来れば2022年さらに期待できるかなと。

 

 

我らが徳島ヴォルティスは9位

まあ期待込みですが、昨年からの積み上げを活かして監督不在を乗り切り、ポヤトスと新外国人みんな当たりだったら1桁乗るのでは?と。あくまで期待。

 

 

セレッソ大阪は昨年ロティーナで一定の結果を残したものの大きく舵を切りクルピを招聘。

フロントのプランが読めないので凶と出ると予想。

降格争いに巻き込まれれば脆そうな予感。

 

 

残留争いに巻き込まれそうなアビスパ福岡は最終ラインに強力な外国人を揃えており、残留のための戦い方という点では優位なのではということで残留予想。

 

 

降格予想はサガン鳥栖横浜FCベガルタ仙台湘南ベルマーレです。

 

鳥栖は各ポジション補強をしたもののレギュラークラスで大きく戦力アップしたとはいえず、新外国人次第。

 

横浜FCは全線をガラッと入れ替え。継続路線だが戦力的にはやはり残留争いは避けられないと予想。

 

ベガルタ仙台は手倉森監督を招聘したが、昨年長崎で個の質で優位性を保っていただけに下位戦力で戦い抜く絵はあまり見えない。

 

湘南は昨年最下位だが監督継続で戦力的に大きく変化した訳でもなく、鈴木と齊藤の穴を埋めきるには至らないかなと。

 

 

 

まとめ

正直、徳島ヴォルティスが残留出来れば何でもいいのです。

答え合わせは年末に。