かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J2 第1節 ツエーゲン金沢戦 雑感

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain

 

 

いよいよ開幕となった2022年明治安田生命J2リーグ
徳島ヴォルティスの1年でのJ1復帰をかけた戦いの幕が上がります

 

大幅なメンバー変更があり、予想も困難な開幕戦はホームにツエーゲン金沢を迎える

 

 

 

結果

徳島ヴォルティス 0-0 ツエーゲン金沢

 

f:id:giovanni_acrux:20220219164726p:plain

 

前半

新加入5人がスタメンに名を連ね、昨シーズン後半のメインシステムである433を採用。

 

昨年と比較して違う点は、
昨年はSBが右肩上がりベースだったのに対し、今年は両SBとも内側に絞ったポジショニングを取る。
これによりWGは昨年は左が張って、右は内側でプレーしていたのに対し、両WGともサイドに張った立ち位置となる。
さらに、WGが張ることで空いたハーフスペースにIHが高い位置を取ることが多くなった。

 

守備面では、昨年はCF+両WGの3枚で最終ラインへプレスに行き、中盤でボールを奪うという形をとっていたが、今年はCFとIH1枚の2枚でプレスに行く形となっていた。

 

前半目立ったシーンは、
金沢の守備は豊田がアンカーを消す立ち位置を取ってくるため、内田がドリブルで持ち上がり、逆サイドの西谷に長いボールを供給する場面が多かった。

 

両サイドの突破からFKを取ったり、渡井の1vs1の場面もあったが前半は決めきれずスコアレス。

 

白井と藤尾がもう少し作りに関われると良かっただろう。

 

 

後半

前半と同じく徳島が支配する展開。

浜下の突破やショートカウンターから渡井の突破などから何度かチャンスを作るも決めきることができず。

 

金沢は前半よりシンプルにサイドが追い越していく攻めでチャンス回数を増やしたが、得点は許さず。

 

交代は、

後半22分

藤尾OUT/バケンガIN

藤尾があまりボールに絡めておらず妥当な策
入ったバケンガは相手の驚異になるプレーは見せてくれた

 

後半33分

浜下,渡井OUT/サンデー,坪井IN

浜下も渡井も何度かチャンスを作ったが得点は生み出せず、キャラクターの変更とエンジンの積み替えでの交代だろう。
サンデーは守備面で課題は多そうだが一度突破からチャンスを作りインパクトを残した。
坪井は展開的に持ち味を出せる場面は来なかったが運動量とガッツは見せてくれた。

 

後半39分

藤田,櫻井OUT/カカ,長谷川IN

サンデー藤田の縦ラインになって守備が不安定になり相手に突かれていたところを右SB新井に変更する適切な采配は素晴らしかった。

藤田はクロスを上げる場面はあまりなかった(セットプレーのキッカーが櫻井だったというのもある。)が終始安定したプレーで役割はしっかりこなしてくれた。

櫻井はまず守備面の良さを評価したい。
組み立てや配給は消されてたというのもありまだまだだが、これからに期待が持てるプレーは見せてくれた。

 

終盤は相手が長いボールを使ってきたこともあり押され気味になったが試合はスコアレスドローで終了。

 

 

 

雑感

アンカーに経験値の低い櫻井が入ったものの、CBの二人が試合に落ち着きをもたらしてくれたのは大きな収穫だろう。

内田はドリブルで持ち上がり西谷へのロングフィードを何度も決めていたし、安部も冷静に相手を剥がし中央の白井へ差し込む場面を何度も見せてくれた。

 

左SBで先発となった新井は個人的にこの試合のMOMに挙げたい活躍だった。

落ち着きがあり、守備面でのポジショニングが非常に良く、一度イエローは貰ったものの相手の縦パスに対し広い守備範囲で潰し切る場面が何度もあった。
田向が離脱した今シーズン間違いなくキープレーヤーとなるだろう。

 

課題を挙げると、ラストの質は昨年に引き続き改善しなくてはいけないポイントとなる。

ショートカウンターの場面が何度かあったが判断や技術の質でチャンスを逃し得点を挙げられなかった。
特に渡井はここの質を上げられるかどうかがもう一つ上のレベルの選手になれるかどうかの分岐点となるだろう。

 

CFでスタメン出場した藤尾もボールに絡める場面が少なかった。
もちろん藤尾のフリーランで西谷や浜下がボールを持てるシーンを作ることが出来ていたのだが、降りてくるタイミングやポストプレーの強さや質は課題となってくるだろう。
この辺りは短い時間でバケンガのほうが相手の驚異にはなっていた。

 

白井も運動量などで持ち味を見せていたが、パスや局面の打開という点では物足りない印象。
ミドルシュートも見てみたかった。

 

チャンス自体は何度も作れていたが、ラストパスやシュートの質が昨年体感したJ1との違いそのものだろう。

新チームとなり最初の試合としては、勝てなかったが無失点である程度自分たちのやり方を表現出来ていたというのは収穫と言える。

 

 

 

次節に向けて

次の試合はルヴァンカップGS第1節サンフレッチェ広島と中3日でホームゲーム。

リーグ戦は来週日曜日、中3日でファジアーノ岡山とアウェイで戦う。

 

若い選手も多く出場し、これから新シーズン非常に楽しみです。