かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J2 第12節 モンテディオ山形戦 雑感



前節5得点で快勝し、6試合ぶりに勝利を上げた徳島ヴォルティス

今節はホームにモンテディオ山形を迎え連勝を狙う

 

前節↓

 

 

 

結果

徳島ヴォルティス 0-1 モンテディオ山形

51' 小西雄大

 

 

前半

スタメンは前節と同じ
ベンチは石井、藤田、佐藤が外れ、石尾、川上エド、坪井が入った

山形は昨年まで徳島に所属していた小西雄大がスタメンとなっている

 

序盤は徳島が効果的なプレスで山形のビルドアップを封じ攻め込むシーンが多い

 

しかし前半21分に渡井が負傷交代となる

 

ここから山形にボールを持たれる時間が長くなる

要因としては低い位置で奪った後のプレーで質を欠いていたことが大きい

櫻井や内田が杉森が裏へ走ったところに長いボールを送るシーンが何度かあったが通らず

押し込まれるシーンが長くなり縦に急ぎすぎた結果孤立して奪われるなどといったシーンが多くなった

もう少し落ち着いて自分たちの時間を増やすコントロールが出来ればよかったのではないだろうか

 

この試合も白井永地はめちゃくちゃ走ってた

相手CBまでプレスに行き、味方SB裏のスペースカバーまでひたすら走ってた

 

渡井交代後の良くない流れを取り戻しきれないままスコアレスで前半は終了

 

 

後半

HTにバケンガを下げて西谷を投入

藤尾が中央で西谷は右サイド

 

立ち上がり早々、右サイドを西谷と新井と白井で崩して、西谷のクロスに杉森が合わせて先制かと思われるも、藤尾がGKを妨害したという判定で取り消し。

 

その直後セットプレーのこぼれ球を小西雄大に決められ失点

小西のシュートは見事でGKはノーチャンスだっただろう

 

60分に櫻井を下げて坪井を投入

白井がアンカーで坪井は右IH

両WGをドリブラーにしたため、IHにPA内で仕事の出来る選手を置く采配

 

後半の中盤以降は徳島が押し込む展開が続くもなかなか決定的な場面を作り出すことが出来ない

 

87分に杉森を下げ川上エドを投入

川上エドは何度かドリブルからチャンスを作るシーンがあった

出れば何かしらやってくれる印象はある

 

このまま得点は奪えず0-1で敗戦となった

 

 

 

雑感

試合としては負けるような内容ではなかった

ただ徳島に流れが来た時に渡井にアクシデントがあったり、後半も立ち上がりに勢いをかけて奪った得点が取り消しになるなど、何かと徳島にとってタイミングの悪い試合となってしまった。

 

ただその中でも得点を奪えなかったのは質の部分が大きい

この試合裏へのボールが通ったシーンはほとんどなく、クロスも頭上を通り越してゴールラインを割るシーンが何度もあった

これでは得点を奪うにも奪えない

 

あとは児玉の仕事が物足りない

後半IHに坪井が入って、坪井はボールに関わりながらも重要なタスクはPA内に入っていくことなので、PA外での崩しは児玉の役割が大きくなる

落ちてきて散らしたりするプレーはあったものの、ドリブルで剥がしたり、逆サイドに展開するなどのプレーは出来ておらず、渡井がいなくなり中盤のチャンスメイクが機能しなくなったのは否めない

渡井が長期離脱となってしまうとこのままでは厳しいと言わざるを得ない

 

 

次節に向けて

次節は中3日アウェイで町田ゼルビア戦となる

連戦残り3試合、厳しい状況は続くが白星に向けて戦いは続く