かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J2 第15節 ザスパクサツ群馬戦 雑感


前節千葉に勝ち切り今季初の連勝を飾った徳島ヴォルティス

9連戦ラストとなる今節はザスパクサツ群馬とアウェイで戦う

 

前節↓

 

 

 

結果

ザスパクサツ群馬 0-0 徳島ヴォルティス

 

前半

メンバーは前節から浜下が外れて藤田が入った
スタメンは疲労を考慮してかターンオーバーぎみで、内田,安部,櫻井,坪井が外れ、石尾,藤田,長谷川,杉森となった

 

立ち上がりから繋いでビルドアップ狙う徳島だが、強い向かい風の影響でボールが思うように進まないのと相手のプレスの勢いが増していることで思ったような形を作れない

 

風の影響は大きく、序盤から3回ほど危ないミスが発生

 

これを受け徳島は保持を捨て、奪ったらシンプルに縦に蹴りリスクを極力減らす狙いに変更

ただ相手のクリアボールがかなり伸びること、自分たちの前向きなボールが押し戻されることでセカンドボールがほとんど拾えず群馬に押し込まれる時間帯が続く

 

結果的にポゼッションは50%を下回りシュート数も2本という内容となった

 

前半中盤頃にポヤトス監督が長谷川に対し大声で何度も指示し、櫻井にアップの指示を出す声も中継に入り込んでいた

恐らく長谷川が相手のロングボールを警戒してポジションが低めになっていたことに対して怒っていたのではないかとおもう

守備時はCBに吸収されるくらい低めに位置しており、WGにボールが入った時も顔を出せないシーンが目立った

 

ボールが拾えてない原因が風だけであるなら後半巻き返せる可能性は高い

それ以外に原因があるなら、櫻井や安部など選手で解決出来る可能性もある

スコアレスで前半は終えたが、コンディションを考えると無失点で乗り切れただけで上出来といえる

 

 

 

後半

HTに交代はなかったものの後半13分に石尾,藤田,長谷川を下げて安部,内田,櫻井を投入

 

風が弱まったことと追い風になったことにより保持できる時間は増加

 

群馬はプレスで追い詰めきれなかった場合は撤退して44のブロックで守ってくるため、アンカーが前を向いてボールを持てる場面でも縦パスを差し込めないシーンが目立つ

CBが持ち運んで行くスペースも少なく外回りの攻撃に終始してしまった印象

 

73分に藤尾を下げてバケンガを投入

83分に杉森を下げて坪井を投入

 

終盤は徳島が押し込む時間帯が続いたものの得点は奪えずスコアレスドローで試合終了

 

 

雑感

風に苦しんだが、それ以上にプレスをはめきれなかったという印象

アンカーを消しきれないシーンが多くあり、そこで上手くプレスをかわされて自分たちのペースに出来なかった

 

得点できなかった原因は厳しいボールを差し込む回数が少なかったことや、入れたあとの質、クロスの質というところにはなってくる

 

久々の先発だった石尾は難しい試合のなかよく守ってくれた
ビルドアップについては環境的に難しいのもあり、後半出た内田もこの試合はそれほど効果的なパスを差し込めていたわけではなく、後半ボールがスムーズに回り出したのも安部や櫻井の影響もあるため一概に評価はしづらいが、とにかくこの試合は前半をゼロで凌いでくれただけで十分な評価はできる

 

坪井は杉森と交代して2トップぎみのポジショニングをさせるのかと思ったがそのままWGだった

スローインからのポストワークでチャンスメイクしたり、坪井は中央でプレーするほうが間違いなく良さが出ているので、坪井を使うなら中央で受けさせる方が良いのではないかと感じる

 

向かい風の前半から、後半は追い風ながらも風が弱まったり、ジャッジが接触プレーで簡単に笛を吹くなど不運な要素も多かったが、根本的な原因は攻撃の質というところに終始する

ここが上がらないとこういった試合を今後も量産していくことになってしまう

 

 

次節に向けて

次節は1週間空いてアウェイで横浜FCと対戦する

連戦が終わりリフレッシュして勝利を目指したい