かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J2 第34節 ヴァンフォーレ甲府戦 雑感

 

前節劇的なブザービートで勝利し2連勝となった徳島ヴォルティス
今節はホームでヴァンフォーレ甲府と対戦する。

 

前節↓

 

 

前回の甲府戦↓

 

 

※この記事は「前半」をハーフタイム、「後半」以降を試合終了後に書いています

 

 

結果

徳島ヴォルティス 2-0 ヴァンフォーレ甲府

19' 杉森考起

40' 西谷和希

 

 

 

前半

招集メンバーは前節から2人変更で、石尾と櫻井が外れ、新井とバケンガが入った。
スタメンは前節から2人変更で、坪井,安部,浜下が外れ、田向,杉森,一美が選ばれた。

 

徳島は433で、今日は杉森が右WG、西谷が左WGの並び

甲府は541で守り、プレスは徳島のCBにはアタックに行かず、CBからボールが出た先で狩る狙い

 

甲府のプレスの狙いに対し、徳島は差し込むパスよりは最終ラインが運んで前進して甲府の守備を外していく

 

ビルドアップでは徳島が苦労した場面はほとんどなかったが、541ブロックを組む甲府相手にその先の崩しには苦労した。

 

その一つの答えを出したのが先制シーンのエウシーニョだった。

相手のプレスを1枚剥がしたカカが開いた位置のエウシーニョへ展開

甲府は左WBが前に出てきて対応する

それに対しエウシーニョは内側へドリブルで運ぶ

エウシーニョが釣りだして空いた甲府左WB裏のスペースへ杉森が走り込み、エウシーニョはそこへスルーパス

完全にフリーで抜け出した杉森がきっちり沈め得点

 

2点目は西谷が仕掛け個人技でミドルを叩き込んだ

これまでカットインは再三していたものの結果が出なかったが、ようやく決まって本人もほっとしていることだろう。

 

前半は徳島が2点リードで折り返し

 

 

後半

徳島はHTでの交代はなし

 

甲府はプレスのやり方を変更し、前3枚で最終ラインを追い、ボランチが前に出てアンカーを潰す狙い

 

これにより徳島は前半よりビルドアップに苦戦し、2回ほどロストから危ないシーンがあったが失点には至らず

 

55分に杉森を下げて浜下を投入

 

72分に杉本と一美を下げて長谷川と坪井を投入

 

84分に児玉とエウシーニョを下げて新井と安部を投入

541に変更し逃げ切りを図る

 

後半は攻撃の場面は減ったものの、リードを活かししっかりゲームを閉めて3連勝を飾った。

 

 

 

雑感

良い時間帯に得点を奪い、試合を殺してクリーンシートという理想的な試合になった。

 

チームとしても個人としても連勝の中で良いパフォーマンスを維持出来ているのが大きい

離脱していたバケンガや新井も帰ってきて、好材料は多い。

 

後半失速気味となったのは相手の圧力が増したのと、リードする展開で省エネぎみに受け出した影響で、試合展開込みのプランだと言えるので大きな問題ではないだろう

 

強いて言うならカカにミスが多かったのは気になったが試合ごとの振れ幅かなとは思う。

 

 

次節に向けて

次節はアウェイでブラウブリッツ秋田と対戦する。

プレーオフ進出へ向けて連勝を重ねていきたい。