かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

J2 第8節 V・ファーレン長崎戦 雑感

f:id:giovanni_acrux:20210214212810j:plain

 

初勝利後も再びドローゲームとなり抜け出せない徳島ヴォルティス

今節はホームにV・ファーレン長崎を迎える

 

前節↓

 

 

 

結果

徳島ヴォルティス 0-0 V・ファーレン長崎

 

 

f:id:giovanni_acrux:20220403122918p:plain

前半

前節からバケンガ、カカ、安部がベンチとなり、児玉、藤田がメンバー外
スタメンには藤尾と長谷川雄志が入り、ベンチには櫻井が戻ってきた。

 

保持する徳島に442のラインでアンカーを消しながらプレスに来る長崎という構図

徳島はIHが降りてきて相手ボランチを釣り出し、空いたスペースでWGが受け、SB高めという狙い

しかしCBやアンカーからWGのところに縦パスがあまり入らず、IHに当てるかSBに出して数的不利という形に終始してしまいビルドアップは全く機能しなかったと言ってもいい。

内田からはサイドチェンジらライン裏へのボールが何度か出ていたが、石尾は差し込むパスがほとんど通らず、長谷川も簡単な散らし以外の効果的なプレーは見せられなかった。

 

長崎はシンプルに裏やサイドのスペース狙いで縦に速い攻撃

徳島のプレスは前節からの修整が見られ、前節WGがプレスに出て行った後ろのスペースから前進されることが多かったのを修整し、ファーストプレスはCFが行き、WGは深追いせずサイドのケア、ボランチにはIHが行く形をとった。

 

体格差もありセットプレーはピンチになることが多かったが、ホセアウレリオスアレスの複数のビッグセーブで凌ぎ切る。

 

川上エドがカットインからシュートを打つ場面があったが、ああいったシーンは藤田では見られないので、縦以外の選択肢を見せられるのはメリットになっていたといえる。

 

前半は良いシーンをあまり見せられずスコアレスで終了

 

後半

HTでの交代はなし

 

徳島はビルドアップの形を3421に変更

新井が最終ラインで右の川上エドが高い位置に

前半絞りめだった西谷がライン際に立ち、浜下はFWに近い位置でプレーが増えた。

 

これによりCBが持ち運べるスペースが増加し、保持に安定感が増した。

 

61分に川上エドと長谷川を下げて安部と櫻井を投入

新井が右SB、安部が左SBに変更となり、左利きの安部が左CBでビルドアップする最適化がされた。

 

75分に石尾と浜下を下げてカカと坪井を投入

坪井は攻撃時3421になったことで右WGにストライカータイプを置く昨年の宮代的な役割となった。

 

78分に藤尾を下げてバケンガを投入

 

試合展開的には長崎の勝ち試合だったが、徳島はスアレスのビッグセーブのおかげで辛うじてドローに持ち込んだ試合だと言える。

 

後半、特に櫻井と安部が入ってからビルドアップの質はかなり上がったが、どう得点を取るかの部分で答えを出せず、クロス以外でチャンスを創出出来ずに終わってしまった。

チームとして試合内でビルドアップの改善は出来ているので問題はラスト1/4での質になる。

この崩せない状況であれば長身のストライカーを多く置く方が得点は増えるだろうが、それをしたいチームではないので、連携や質を高められなければこの状況は続いていくだろう。

 

 

 

雑感

この試合のMOMを挙げるなら間違いなくスアレスだろう

恐らく6、7回くらいはチームを救うビッグセーブがあったのではないだろうか。

単純な反応速度というよりはポジショニングと判断の良さに魅力のあるGKだと感じる

ビルドアップでも全くミスがなく、しっかり中央にボールを差し込める。

スアレスがGKでなければ負けていた試合だった。

 

これまでポヤトスは試合中に多少立ち位置の修整はしても、433の配置を変更することはなかったが、この試合では後半明確に攻撃時の最終ラインを3枚に変更した。

昨年は最終ライン3枚でのビルドアップはしていた時期もあったが今年は初めてである。

それも試合中に行い状況を好転させたので、そこの対応は評価できるポイントなのではないなと思う。

 

得点が取れていない点については、この試合起用した石尾や長谷川がビルドアップで機能しない、サイドでの崩しやショートカウンターの質が低いなど人的な悩みは大きい。

実際この試合復帰した櫻井投入後はボールがかなりスムーズに回り出した。

連戦で回復中心のメニューになっていることも辛いところだろう

監督でどうこうできる範囲には限界があり、大幅に選手が入れ替わったリスタートの年にチームコンセプトを壊してまで勝ちに行くのも得策とは思えない。

負けてないことをポジティブに、耐えて積み上げていくしかないのかなとは思う。

 

次節に向けて

今節で連戦が一区切りし、次節は来週の日曜日に大分トリニータと対戦する。

9連戦が始まるが、リフレッシュして波に乗れる試合をしたいところ。