かものはいろ報告日記

主にクローン病と写真と徳島ヴォルティスについて書きます

MENU

手術説明

 


f:id:giovanni_acrux:20210211174117j:image
朝イチから外科の先生から手術について説明がありました。

 

ざっくり内容を書くと、お腹を10cmほど切って狭窄部分を切除すると。また、術中内視鏡で他の異常がないか確認し、異常があれば追加で切除の可能性もある。全身麻酔で行う。

 

あとはリスクなどの説明。

 

手術時間は3~4時間の予定で、前後に麻酔の時間30分があると。

追加切除があればさらに長くなる可能性。

 

全身麻酔30分~45分以上の手術を大手術と分類するのだそう。(初めて知った)

 

クローン病は切ってもまた新たに狭窄ができる可能性もあり、何度も手術しないでいいように出来るだけ1回の手術で今ある病変を取り切りたいと。

 

術後状態を見ながら水分、エレンタール、食事の摂取を開始していき、術後2週間程度での退院を予定だということです。

 

まあリスク云々言われたところで、手術やらなくてもリスク発生してもバッドルートなわけで、リスク発生せずの手術成功というトゥルールートを目指す以外の選択肢はないんですけどね!